現在社内恋愛を行う不倫者が気を付けるべきこと

社内恋愛には、シングルの男性との恋愛もあれば既婚男性との恋愛も中にはあるでしょう。
既婚男性との恋愛というと「不倫」ということになります。
不倫には世間一般的に悪いイメージがありますので、社内ということに関わらず秘密の恋愛として関係を持っている場合が多いものです。
まして社内恋愛となれば、それが周囲に知られてしまう可能性を多く秘めており、リスクの高い恋愛であると言えます。
ここでは、社内恋愛(不倫)をしている人がまず考えなければならないことをご紹介していきます。

 

 

不倫に対する一般論

不倫は、既婚者と恋愛関係を持つということです。既婚者であるということは、その人には家庭があるということです。子供が居る居ないに関わらず、生涯を約束し信頼関係を築いてきたパートナーがいます。そのパートナーが、不倫の関係を知ることになれば、心を深く傷つけることになります。世間一般的には、そのパートナー側の傷ついた心に寄り添う形で、浮気をした男性と、不倫をした女性に非難の目が向けられることになります。
不倫関係がどうやって築かれたものなのかは、一切考えられることはありません。お互い遊びの関係であっても、それが真剣なものであっても「不倫はふしだらなもの」という見解で統一されているのが世論です。

 

 

社内で不倫をするというリスク

社内で既婚男性とお付き合いするとなれば、周囲に知られてしまう可能性が多く、非常にリスクの高い恋愛となります。少しでも仲を疑われるような行動をとれば、すぐにバレてしまいます。仲のよい同僚にうっかり話してしまい、気付いたら広まってしまっていたなんていうことにもなりかねません。
ひとたびバレてしまうと、非難の目を向けられ会社に居づらくなるだけではなく、そこからパートナーへとバレてしまうこともあり得ます。居づらくなっても、居られるならいいのですが、世間の目を気にして解雇されるということもあるかもしれません。その場合、守られるのは男性のほうで、不倫した女性のほうが立場が悪くなりやすいでしょう。解雇とはならなくても、なんとなく居づらくなって自分から辞めざるを得なくなってしまうかもしれません。
そうなると、代償は大きいです。

 

 

社内で不倫をするなら気をつけるべきこと

遊びの気持ちだとしても、本気だとしても、不倫をするのであれば世論から見る自分の立場と相手の立場を常に念頭に置いて、お付き合いしなければなりません。不倫でなくても、恋愛はプライベートのものですから、社内に持ち込むべきではありません。
お互いにとってリスクの少ない付き合い方を考え、社内に持ち込まないことでお互いの考えを一致させておく必要があります。
とはいえ、リスクが全く無くなることはありません。トラブルにあってしまう可能性もあるということ覚悟しておきましょう。

 

 

おわりに

著者の場合、一般論とは別に不倫が必ずしも悪いものだとは思っていません。
それぞれに、それぞれの事情があるものです。
ですが、自分たちの世界だけに入ってしまい、むやみに周囲の人を傷つけたり、影響を与えてしまうのは避けなければいけないと思っています。
世間一般的な考えも理解したうえで、お互いにとって良いお付き合いの方法を探していくことが大切です。

 

誰にも言えない不倫の悩みを解決したい人に…

いつでも、どこでも占ってもらえる電話占いをお勧めします!

あなたの悩みに親身に乗ってくれる強力な不倫専門の占い師たち

もちろん守秘義務もカンペキです♪

当サイトでは、最近の人気口コミから信頼ある大手のサイトをランキング形式ご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

▽無料キャンペーン実施中▽

関連記事一覧