既婚者の男性との不倫がバレた時の社会的リスク

晴れて入社した会社で、既婚者を好きになってしまった人もいるのではないでしょうか。
そんなつもりはなくても、恋愛感情というものは誠に勝手でコントロールが効かないものです。
感情の赴くままに既婚者と社内不倫の関係になってしまい、誰にもバレずに関係がまだ続いている中、
「誰にも迷惑をかけていないのに、社内不倫の何がいけないの?」と思うかも知れません。
社内不倫の問題点について考えてみましょう。

 

 

バレたら会社から解雇されることもある

もしも社内不倫がバレた場合、プライベートなことだからと言っても周囲がほおっておく訳にもいかないのです。
殆どの会社は就業規則により、「社内の秩序や風紀を乱す人材を処分できる」と定められているのです。
また、金融関係等信用を第一とする企業では、社内不倫がバレてしまい、更にそれが社外へ広まることにより、
企業のイメージが損なわれてしまうことになります。
それにより、会社の業務に支障がでてしまうことも十分にあると考えられます。
社内不倫は決して「自分達だけの問題」ではなく、場合によってはお互いが左遷、処分、最悪は解雇される
可能性もあると覚えておきましょう。

 

 

人間関係にも悪影響が出ること

会社の中には、貴女の友人や、相手の友人、更には共通の友人もいることでしょう。
社内不倫がバレた場合に、「誰が誰の味方をしている」「誰が実は2人の関係を知ってて隠していた」等、
2人に全く関係のない人間関係においても余計な波風を立ててしまう可能性もあるのです。
更には魔女狩りの様に、「実はあの人とあの人も怪しいのではないか」等、疑心暗鬼となって社内の雰囲気が
一気に悪くなってしまうこともあります。
社会の一員としている以上、歯車を乱す行為は慎まなくてはならないのです。

 

 

相手の家庭にも迷惑がかかること

不倫相手の奥さんについては、おそらく嫉妬と妬みしか感じないことでしょう。
しかし、奥さんには何の罪もなく、ましてや子供がいた場合には、その子供達がどんなに傷つくことか考えて
みたことがあるでしょうか。
もしも相手の家庭が不和になり、離婚に至ることがあれば、貴女は相手の奥さんに慰謝料を請求されることもあります。
例え無事に相手と結婚することができたとしても、養育費請求されたらどんなに生活が苦しくても払い続けなければ
なりません。
しかも「略奪した女」というレッテルは消えることはないでしょう。

 

おわりに

今はまだ禁断の愛をスリル感覚で楽しんでいられる状態であっても、不倫というのは社会的に許されることでは
ありません。
それが更に狭い範囲での社内不倫となれば、大きな爆弾を抱えているようなものだというリスクを背負っている
ことになるのです。

 

誰にも言えない不倫の悩みを解決したい人に…

いつでも、どこでも占ってもらえる電話占いをお勧めします!

あなたの悩みに親身に乗ってくれる強力な不倫専門の占い師たち

もちろん守秘義務もカンペキです♪

当サイトでは、最近の人気口コミから信頼ある大手のサイトをランキング形式ご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

▽無料キャンペーン実施中▽

関連記事一覧