不倫で家族も彼氏も失った30代女性の結末

私は33歳の看護師です。
夫と子供2人の平凡な家庭です。
専門学校を卒業してから、ある総合病院の整形外科病棟に勤務しています。
2年前、その病院に、事故で脚を骨折した男性の患者さんが入院して来られました。

 

年齢は私と同じで独身でした。
ちょっとイケメンですがちょい悪親父のような雰囲気もあり、私としては好みのタイプでした。
最初はずっと個室に入っておられましたので、毎日その個室で簡単な会話をするのが楽しみになっていました。
家庭のこと仕事のこと、お互いにいろいろなことを、誰も見ていない個室の中でしていたのです。

 

そして、本当なら禁止されている、携帯番号の交換もしてしまったのです。
それ以来、私が休みの日でもよくメールが来るようになりました。

 

最初は他愛もない内容だったのですが、そのうちだんだんとエスカレートしてきて、私のことが理想のタイプだとかいう話になっていきました。
私自身もわりと好みの男性のタイプでしたし、同い年という気楽さもあってか調子に乗って「私も好きですよ」というメールを返したりするようになりました。

 

それから、彼の個室の中で二人だけの時間がどのようになっていったかはご想像におまかせします。
特に、看護師の数が少ない夜勤のときは私も彼のベッドの上に上がっていました。
こうした関係は彼の退院後も続き、お互い仕事が忙しい中で2週間に一度はこっそりデートするようになっていったのです。

 

時にはラブホテルで過ごすこともありました。
本当に何年かぶりにドキドキワクワクするような時間を過ごせました。
不倫というのは本当にスリルを味わえます。

 

しかしそんな日々はあっけなく終わってしまったのです。
私の携帯電話をいじっていた子供が夫に、彼との極秘メールのことをばらしてしまったのです。
ある日家に帰ると、そこには顔を真っ赤にして怒りに震えた夫がいました。

 

そして一部始終を白状させられ、私は家から出て行かされることになったのです。
そして離婚という結末に至ったのです。

 

夫にばれたことを彼に打ち明けて以来、彼も裁判沙汰にでもなったら仕事に影響するとでも思ったのか、それ後連絡もくれなくなりました。
もう全てが終わったかと思い、自殺しようかと考えたほど思い詰めました。

 

そんなとき友達から紹介された電話占いのことを思い出し、試しに一度かけてみることにしたのです。
電話の相手はタロット占いの女性でした。彼女が言うには「彼のご両親の記念日に花を贈ってあげなさい」ということでした。
そういえば、その翌週が彼のご両親の結婚記念日ということを思い出しました。
そんなことは占い師に何も話していなかったのに全てお見通しだったのかと思うと一瞬鳥肌が立ちました。
彼女に言われるまま、翌週には彼の家に花束を贈りました。
彼は実家住まいだったのです。それから2週間ほどして彼のご両親が家に来なさいというので行ってみたところ、そこには、彼が座っていたのでした。
そこで彼のお父さんが間に立って、男としての責任を果たすよう取りはからってくれたのです。
私はもちろん彼との生活ができるならとは思っていたのですが、あとは彼次第でした。
彼は最初しぶっていましたが、最後はお父さんに背中を押されるように、私と結婚すると言ってくれました。
あのとき、占い師の言うとおりにしたおかげで私たちは無事籍を入れ、今は幸せに暮らしています。

 

誰にも言えない不倫の悩みを解決したい人に…

いつでも、どこでも占ってもらえる電話占いをお勧めします!

あなたの悩みに親身に乗ってくれる強力な不倫専門の占い師たち

もちろん守秘義務もカンペキです♪

当サイトでは、最近の人気口コミから信頼ある大手のサイトをランキング形式ご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

▽無料キャンペーン実施中▽

関連記事一覧